コロナ禍以前からテレワークを実施していた先進企業として、『先見労務管理』(2020年10月10日号)にTRIPORTの取組が掲載されました

2020.10.10
  • メディア

TRIPORT株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:岡本 秀興、以下TRIPORT)は、株式会社 労働調査会の発行する定期刊行誌『先見労務管理』(2020年10月10日号)にて、弊社の取り組みに関する記事が掲載されたことをご報告いたします。

株式会社 労働調査会・『先見労務管理』
2020年10月10日号
https://senken.chosakai.ne.jp/

掲載内容について

◎離れていても大切となるコミュニケーションと信頼関係

「先進企業に見るウィズコロナ時代のテレワーク」と題した特集コーナーにおいて、TRIPORTのテレワークの取り組みが取り上げられました。
コロナ禍にテレワークを実施し始めた企業も多い中、コロナ禍以前からテレワークを実施し、『テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)特別奨励賞』等テレワークに関する多くの賞を受賞し、高く評価されている先進企業として、TRIPORTの取り組みが紹介されました。下記内容が掲載されています。

「全社員テレワーカーだからこそ必要なコミュニケーションのしやすさ」

  • 心理的安全性の確保のよる「コミュニケーションの質向上」施策
  • 信用と信頼の関係づくりのための取り組み
  • 社員が一人で悩みを抱え込まない環境づくり
  • 社員が安心して働ける社内制度整備
  • これからのテレワーク

                 など

◎最適なテレワーク環境をご提案する『テレワークコーディネート』

記事内では、テレワーク先進企業であるTRIPORTが自社実践で得た知見やノウハウを活かした『テレワークコーディネート』についてのご紹介もありました。
『テレワークコーディネート』は、1社1社に最適なテレワーク環境を提案し、「社内制度整備」までしっかりサポートするサービスです。
テレワークのプロフェッショナルが、「テレワーク特化型の労務相談・コンサル」を行うと共に、「社内制度整備」まで徹底サポートします。

まずはお気軽に無料相談にてお問合せください。

《サービスURL》

 https://twcoordinate.triport.co.jp/

『先見労務管理』について

株式会社 労働調査会の発行する定期刊行誌です。
雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説する情報誌。特集では、人事・労務担当者に役立つ人事労務問題をタイムリーに紹介しています。

本件に関するお問い合わせ先

TRIPORT株式会社
事業内容:ITソリューションの開発販売、経営・労務コンサルティング
E-mail:pr@triport.co.jp
HP:https://triport.co.jp/