TRIPORT、株式会社エス・エム・エスと業務提携。介護業界の働き方改革を支援する助成金診断サービス開始

2020.07.21
  • プレスリリース

TRIPORT株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡本 秀興)(以下 TRIPORT)と、株式会社エス・エム・エス(本社:東京都港区、代表取締役:後藤 夏樹、東証一部)(以下 エス・エム・エス)は業務提携をし、介護事業者に対して労働環境改善及び助成金活用の支援を行う『カイポケ助成金診断(以下 本サービス)』の提供を開始します。

提携の背景

多様な人材が働ける社会を実現するために「働き方改革」の推進が求められる昨今、特に高齢化の進む日本では、介護業界のニーズの高まりに伴い、介護労働者が持続的に働ける労働環境改善や人材確保等の課題解決が求められています。

このような社会の課題解決に向けて、このたびTRIPORTでは、エス・エム・エスと業務提携し、より多くの介護事業者に対し労働環境改善及び助成金活用の支援を行うことで、介護事業者の経営改善を後押しすると共に、社会の課題解決に貢献することを目指します。

本サービスの概要と目的

エス・エム・エスの提供する「介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」(以下、『カイポケ』)」 会員向けに、TRIPORTの提供する「助成金コーディネート」をOEM提供することで、エス・エム・エスにおいては、顧客の労働環境改善支援及び助成金の活用により、会員の経営改善へ寄与するとともにサービス向上による顧客満足度の向上を図り、TRIPORTにおいては「助成金コーディネート」サービスの販路拡大を目指します。

◎エス・エム・エスにおける提携の目的

当OEM提携を通じて、「助成金を活用した経営改善提案」を『カイポケ』を利用中の全国の介護事業者に対して行うことが可能となり、従来の顧客企業に対して提供できるサービスの幅を大きく広げることで、「新規顧客の獲得・既存顧客の満足度向上」に資する仕組みを提供します。

◎TRIPORTにおける提携の目的

当社では、全国のカイポケ会員及び今後獲得する新規会員に対して、本サービスを通じて、介護事業所における労働環境の改善支援及び助成金活用の支援を行うことにより、『カイポケ』におけるサービスの付加価値向上を図ってまいります。

『助成金コーディネート』は、多くの企業に共通する悩みである「従業員の労働環境における課題や労務整備等」を解決できるソリューションですが、TRIPORTでは、そのような課題に深刻に直面している業界と積極的に提携関係を構築し、より多くの中小零細企業の経営改善に寄与する仕組みを構築してまいります。

『カイポケ』

ICT活用による介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートするクラウドサービスです。介護業務以外の間接業務を削減する業務支援機能、勤怠・給与・労務や会計などの経営・運営支援機能を提供し、介護事業者が目指す理想の介護サービス実現を支援します。現時点で約40のサービス・機能を展開しており、会員数は、全国約27,400事業所となります。(2020年4月時点)

『助成金コーディネート』

簡単な企業情報を入力するだけで、どんな助成金がいくらもらえるのかを1社1社無料で診断し、申請までワンストップで対応するサービスです。従業員にとって働きやすい環境を構築することで、助成金の受給確率を極限まで上げることを可能にします。企業の抱える経営課題を解決できるほか、企業の毎年のキャッシュフロー改善と経営課題の解決を支援します。

【『助成金コーディネート』サービスURL】
https://jcoordinate.triport.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

TRIPORT株式会社
事業内容:ITソリューションの開発販売、経営・労務コンサルティング
E-mail:pr@triport.co.jp
HP:https://triport.co.jp/