月刊『コロンブス』及び月刊『e・コロンブス』(2018年7月号)に弊社が掲載されました。

2018.06.27
  • メディア

国が後押しする「働き方改革」。多角的なサービスで中小企業を徹底サポート

TRIPORT株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:岡本 秀興)は、東方通信社の発行する月刊『コロンブス』、月刊『e・コロンブス』(2018年7月号)にて、自社サービス『働き方コーディネート』の取り組みの記事が掲載されたことをご報告いたします。

月刊『コロンブス』・月刊『e・コロンブス』について

◎月刊『コロンブス』

東方通信社から出版されている月刊誌です。
日本経済を地方から元気にしていこうという主旨のもと、地域経済振興や中小企業振興などに主眼をおいたビジネス雑誌として、毎月約4万部発行されています。全国の書店での購入の他、自治体や企業経営者の方、会計士・税理士の方などが定期購読しています。
2018年7月号では、全国各地の「元気企業」を取り上げるコーナーにて、弊社の取り組みが紹介されました。

◎月刊『e・コロンブス』

月刊『e・コロンブス』は、東方通信社から出版されている月刊誌であり、IT社会の中から次世代を牽引する新しいビジネスモデル、ITに関するタイムリーなニュース等について発信されているビジネス情報誌です。
毎月、時代を牽引するIT企業の社長等が表紙を飾っており、2018年7月号では、弊社代表取締役 岡本が表紙を飾りました。

掲載内容について

国が後押しをしている「働き方改革」。一方で、中小企業にとっては取り組みにくいという実情があります。
社会的背景を踏まえつつ、弊社の『働き方コーディネート』が、多角的なサービスで中小企業の働き方改革を徹底サポートするサービスとして、ご紹介していただきました。


▲社内打ち合わせ風景

◎中小企業にとってハードルの高い「働き方改革」

多くの中小企業では、下記のような理由で取り組む前に諦めてしまっているのが実情です。

  • 資金力や人材に乏しく、また本業に追われている等の理由により、取り組む余裕がない
  • そもそもなぜ働き方改革が必要で、何をすれば良いのかがわかない
  • 効果も見えづらい

しかし、やれることは実はたくさんあります。

◎TRIPORTの『働き方コーディネート』サービスの特徴

TRIPORTの『働き方コーディネート』サービスは、「従業員が働き続けたいと思える環境を構築すること」を前提に社内アンケートを実施し、その結果を元に「社内制度の設計 × ITインフラの構築 × 助成金」の活用をトータルに行いながら、新たな働き方を整えていきます。

中小企業でも「働き方改革」でやれることが多くあるということを伝えてゆくとともに、サービスを通してあらゆる企業の経営を後押しすることを目指します。

【サービス紹介サイト】
https://hrcoordinate.triport.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

TRIPORT株式会社
事業内容:ITソリューションの開発販売、経営・労務コンサルティング
E-mail:info@triport.co.jp
HP:https://triport.co.jp/